RemoteMarionette

Remote Marionette とは

このツールは、リアルタイムWeb通信システムであるSkyWayを用いて、別の所にあるアバターを遠隔操作するためのものです。

やっていることは、バーチャルモーションキャプチャー(VMC)の通信を読み取って、インターネットサーバ経由で受信、受取先へ再送しているだけです。

↓この例は、目のモーションデータをネット経由で送っています

通信のながれ

使い方

まず、SkyWayのAPIキーを取得しましょう。個人非営利であれば、無料で取得が可能です。

ここでAPIキーをが得られるので、これをアプリにいれます

  • ポイントとして、登録時、利用可能ドメインに「127.0.0.1」を入れておかないと動かないので、打ち込んでおきましょう。
  • 送受信は同じAPIキーを使ってください。

■送信側

送信する側のPCでアプリを起動し、この部分を設定します。

  • PCのIPを指定してもいいし、どのIPでもOKなら 0.0.0.0 でOKです。
  • ポート番号は、送信ソフトが送り先にしている番号にあわせます。

設定がおわったらActiveボタンをおします。ONになれば色が付きます。うまく受信していれば、Logタブページのオレンジのところに、モーションデータが表示されていきます。

■受信側

受信する側のPCでアプリを起動し、この部分を設定します。

  • 今の仕様では、VMC Receive側のポートも開いてしまうので、動作上問題ないポートに設定しておいてください。(ばもきゃ等と被らなければ、基本的にOK。いずれ仕様かえるかも。)
  • Transmit側は、送信したいIP、Portに設定してください。
    (ばもきゃが認識しているIP、Portなら動くかと思います)

設定がおわったらActiveボタンをおします。ONになれば色が付きます。うまく受信していれば、Logタブページのブルーのところに、モーションデータが表示されていきます。