OBS連携プラグイン

特徴

キーワードに応じてOBS Studioの画面シーンを切り替えるプラグイン

ダウンロード

  • 条件ファイルの読み込み失敗に対する処置の追加
  • OBSWebsocketの仕様変更に伴う変更
  • プラグインが正常ロードできないケースへの対応

使い方

①インストールします。

②OBSを起動してください。
 ※OBSはWebSocketプラグインをあらかじめ入れておいてください
  https://github.com/Palakis/obs-websocket/releases/tag/4.9.1

②フィルタから設定をしてください。

csvファイルを選択してください。
・Shift-JIS形式、CR+LF(Windows用)の改行コードで記述します。
・ダブルクオーテーション(“)を含むものや、空白は無視します。
・CSVファイルを他のソフトで開いてロックされていたりすると、
 ごく稀にゆかりねっとが落ちる可能性があります。

③あとは、発話すれば順次、条件が成立すればシーンが切り替わります。

※エディタが起動しない場合は、CSVEditor.exeを
 ゆかりねっとと同じフォルダに入れてください。
※シーン名はスペースを入れないほうがトラブルを防げます。

過去バージョン

  • CSVエディタの更新
  • インストーラ化
  • 設定編集エディタとの連携を強化