ダウンロード

【最新版】

  • WebSocketポート変更に対応
  • IP表記修正

【開発版】

  • レイアウトの変更ができるGUIに変更
  • 数字だけのシンプルなレイアウトを追加

【過去バージョン】

  • センサー通信方式にWebSocketを追加。
    Raspberry PiなどからWebSocketプロトコル経由で通信ができます。
  • グラフ部品供給サイトのバージョンアップにより
    グラフが表示できなくなっていた問題の修正
    (Thanks 漆原 鎌足さん)
  • ソフト起動後に測定装置をつなぐとCOM選択が
    表示されない問題の修正
  • 端末によって、接続の最初にデータがたまっていると
    通信が切れたり、データが来ないケースへの対応
  • スキンを自分で作りたい方向けに、デバッガーを起動できるようにしました。表示画面が出ている状態で、OSSライセンス⇒open debuggerをおしてください。
  • COM設定値が保存されない件の修正
  • 数値更新間隔の最短を1秒としました。
  • 通信再起動などのタイミングでカウントが進んだり、
    シーン切り替えが走るケースに対応しました。
    (※音を再生している場合、再生状態で通信OFFすると
      音が止まらない既知の問題があります。
      これは今後のバージョンで設計変更する予定です)
  • 自作ハードの方:
    脈波センサーが揺れた時に値が飛ぶことがあるため、
    感度を調整しました。
  • シーン名設定にタグがつかえるようになりました
  • HTTPコール機能を追加。
    テロップアシスタントと連携できます。
  • 処理エラーメッセージが出てしまう件の修正
  • GUIを一新しました。(改めて日本語・英語対応も実施)
  • 音源をOFFに設定しても音が鳴る問題の修正
  • 自動処理を追加(起動時自動接続、ウィンドウオープン等)
  • OBS連動機能を追加。シーン切り替えが可能です。
  • ピーク表示を追加
  • オートリカバリーの精度をUP。
  • エラーメッセージを少し詳細にした
  • グラフの見やすさ改善。また、全体スケールを1分に拡張
  • Bluetooth GATT/HeartRate にちゃんと対応しました。
    (実機として PS-100BLでの動作を、作者側で確認しました)
  • OSCメッセージ送信に対応。VMC(ばもきゃ)同様、Unity等に
    心拍(脈拍)データを送ることが可能です。
  • バッテリー残量をモニタ出来るようにしました。
  • プロファイルのデータ解析部分を修正
  • 通信をしている関数でエラーがでてるので元に戻した。


※BLE心拍デバイスを作者はまだ入手してないので、
 デバッグがあまいです。レポートお待ちしてます。

  • BLEプロファイルの解析を丁寧にやるようにしました。
    PS-100BE以外でも動くはず。レポートお待ちしてます。
  • BLEの関数を推奨のものに差し替え。
  • 一定時間応答がなかったら再接続を試みるようにした。
  • GUIに英語を追加。

・BLE通信に暫定対応。
 PS-100BEでは動いたようです。(レポート頂きました)

  • 初期公開