辞書登録

辞書を使うと、翻訳結果などをレベルアップできます。

処理フロー(役割)は次のようになっています。

1.UDトーク音声辞書

UDトークを使っているときに、音声認識の精度をあげるためにつかうものです。

■ポイント■
・登録数には上限があります。
・変換がうまくいかない単語を登録しましょう。
・端末側で単語登録したIDでログインしておかないと、認識結果に適用されません。

2.翻訳辞書

この辞書は、MtGの辞書のように、「ある程度の数があって、あまり書き換えず、ジャンルが固まっているもの」をつかうようなときに向いています。

インストールしたフォルダ(dic\custom)フォルダに、辞書ファイルをいれます。ファイルは、Excelなどで作ってください。

  • UTF-8 CSV形式で保存してください。
  • A列に母国語、B列~に翻訳語がでるようにしてください。
  • 1行目は言語コード(2文字)を指定してください。

3.方言辞書

インストールしたフォルダ(dic\Local)フォルダに、辞書ファイルをいれます。ファイルを自作したい場合は、Excelなどで作ってください。

  • UTF-8 CSV形式で保存してください。
  • A列に検索文字列、B列に置き換え文字列を置いてください。

4.補正辞書

その都度書き換えたいような単語は、ここで書き換えてください。
Excelで書き換えるという必要はなくて、この画面で書き換えができます。

この辞書機能では、よく誤認する言葉や、禁則ワードを置き換えるなどの機能で使ってください。

補正辞書には、音声認識後・翻訳前・翻訳後と3つのタイミングで変換をかける機能が備わっています。

■ポイント■
DeepL翻訳の場合、短い翻訳を行うと時折補足情報が一緒に付与されて返ってくる場合があります。

たとえば、「これ」を翻訳すると、「this (indicating an item near the speaker, the action of the speaker, or the current topic)」とかえってきます。

この補足情報がいらないと感じる場合は、翻訳後辞書で「This it.」などにおきかえることができます。

設定例:

5.ルビ辞書

ルビ辞書は、テロップなどにつく「ルビ」のための変換辞書です。一般的な辞書は入っていますが、正しいルビがつかない場合は、この辞書再編機能をつかってください。

「辞書に反映」を押すと、形態素辞書を再編します。再編すると、次再編するまで有効になります。

■ポイント■
ルビ辞書は日本語(かな表記)を作るために使われます。ほかの言語には適用されません。

辞書ツール

カード名などのデータベースを辞書一括登録するためのものです。たとえば、MtGの辞書を登録するには、Wisdom GuildさんのHPからカードデータをダウンロードし、辞書変換するなどの方法があります。