翻訳APIについて

TwiChaDashでは、無料翻訳ライブラリを用いていますが、翻訳量が多い場合には、翻訳拒否されてしまうことがあります。また、翻訳内容(精度)が希望にかなわない場合もあります。

その場合は、翻訳を提供している企業の有料APIキーを設定することで、問題を解決できることがあります。

使用可能な翻訳API

活用の注意点

  • 各社のAPI利用ルールに従う必要があります。
    (特に、Google翻訳の場合は、指定されたブランド意匠表示が必要)
  • 翻訳できる言語にばらつきがあります。
    DeepLは数が少なく、Google・Microsoftは多いです。
  • 言語特定に失敗すると翻訳失敗することがあります。
    現段階では、Watsonをお使いの方にその傾向があります。
  • 翻訳課金に注意してください。
    チャットは流量が速く、それだけ課金される可能性が高いです。
  • 使用を許されたAPIキーをお使いください
    不正なキーの使用は、各社のAPI利用規約で禁止されております。ツール側では責任負いかねますので、使用者側で正しいものをお使いください。

設定方法

  • 使いたい翻訳システムを選びます。第1翻訳システムが対応していない言語の場合は、第2翻訳システムを使います。
  • 選択すると、APIキーを入れる枠が入力可能になりますので、キーをコピー&ペーストで入力してください。
    (これを間違えると正しく動作しません)