支援について

■注意■

FANBOXでの支援は、この翻訳コストをみんなで維持するための寄付です。まずは無料状態でアプリが機能することを確認してから、支援するかを決めてください。

ソフトウェアは、利用者の意に沿うかどうかに関わらず、「あるがまま」の状態で提供されるフリーウェアです。

このフリーソフトに不具合があっても、直されることが保証されていないことに注意してください。

寄付・支援自体は、完全に支援登録する人の意思によるものです。こちらから強制することはありません。また、これに関して翻訳出来ないなどがあっても補償はありません。

いきなり高額支援などせず、使えることがわかってから、使用量に合わせて徐々に上げていくことを検討してください。

このプログラムが提供する有料API翻訳機能は、企業が提供するクラウドを用いた従量支払いのものを使用しております。

そのため、使用した分だけ企業に支払いをしなければならない「運用コスト」が毎月発生しています。

現状は、これらを開発者側で一括支払いする形で運用をしており、使用している方には、支援という形で維持・向上をお願いしております。(FANBOXというプラットフォームで支援できます)

(現在は月40万円ぐらい支払いをしています。)

赤字が大きく続けば、サービスをやめざるを得ないので、ぜひご協力いただければ幸いです。

なお、ささやかなお礼として、支援時にFANBOXで得たキーワードを入力すると、いくつかのプログラム機能ロックが解除されます

※この仕組みは「課金」や「販売」ではない点に注意してください。

※「開発側に負担をかけず、自立して運用したい」方は、個人で企業のAPIを契約し、そのAPIキーを打ち込むことで翻訳支払いを個人もち(使った分だけ自分で払う)に変えることが可能です。

翻訳の支援ではなく、作者に関して支援をしたいという問い合わせを頂くことがあります。その場合は、Noteへの支援やBoothにある「開発支援」のほうに登録頂くと良いかと思います。

そちらに登録された寄付はAPIの運営側には使わないで、開発をすすめる為の環境整備に使わせていただきます。