個別設定

プリセット条件にあうものを使います。標準は「*規定値」で、
どの条件にも当てはまらなければ、これを使います。
右クリックプリセットをコピーしたり消したりできます。
条件名設定に名前を付けます。
条件UDトークの端末ごとに切り替えるか、
文字が条件に当てはまるかで切り替え出来ます。

・正規表現の場合は、Microsoft 仕様の
 正規表現式で表現をしてください。
 成立時に、その条件をつかいます。
・それ以外の場合は文字列を特定の条件で
 比較し、一致した場合にその条件を採用します。
・複数の文字列を対象にする場合は、
 単語ごとに改行してください。
フォントフォントを指定します。
・指定しても反映されないフォントがあります
 これは内部ブラウザの仕様によるものです。
サイズこの設定を基本にフォントサイズを計算します。
・調整機能でサイズが変更されるケースあり。
 その場合の下限も、ここで設定します。
色設定文字、縁取り、影を設定します。
・縁取りをつけすぎると、文字がつぶれます。
文字を出さないこの条件の時は、文字を画面に出しません。
文字を置き換える認識した文字の代わりに、
ここに指定した文字を出します。
表示スタイル文字の表現エフェクトを指定します

種類は、どんどん増えていますので
試してみてください。

文字を読むのに向いているエフェクトもあれば
アイコン向けや、視覚効果に振り切った
エフェクトもあります。

文字幅・固定
 サイズを固定します。
・自動調整
 文字が1行に収まるよう横を圧縮します。
動きのある表示タイプライターのように出します。
スピードはここで調整。
文字サイズ・ルビ付き漢字のみ
 漢字だけ文字を大きくする表現ができます
 可読スピードが少し上がる傾向にあります
・自動調整
 文字が収まるように文字を小さくします。
文字をクロップ文章が長くなったら、指定した文字数を
超えた部分を前から切ります。

・1文字ずつ削るか、指定文字数ごとに
 削るかは、オプションで指定します。
表示行が増えた時…ON…
母国文と翻訳文の感覚を維持する
OFF…
指定した文字の位置を優先
上下文字表示位置の上下を決めます
左右文字表示位置の左右を決めます
折り返し表示エリアの幅を決めます。
(=折り返し位置)
行間文章の行間を指定します。

※通常は左上を起点として設定をしますが、「テロップの基準位置を左下にする」をチェックしていると、左下が基準になります。

翻訳先言語翻訳1として翻訳する言語を指定。
音声設定棒読みちゃんに渡すための
パラメータを設定します。

棒読みちゃんの仕様ですが、
ー1を指定すると、前回状態を使います。
ゆかりねっとに発話させるゆかりねっとコネクタ→ゆかりねっとに
接続しているときのみ有効な設定。

この条件でゆかりねっとに
発話させるかを決めます。

OFFだと、ゆかりねっとは
発話しません。
自分が選んだ画像を使うキャラクター画像を設定します。
・画像ファイルを指定します
・GIF動画も使えます
差し替え条件画像を動的に切り替えます。
・CSVファイルを作ってください。
 (メモ帳やExcelなどで)
・上の行にあるものが優先されます
・画像はフルパスで書いてください
 1列目:キーワード
 2列目:ファイル(フルパス)
位置指定キャラクターの位置を指定します
表示する話者名ウィンドウ設定で
「名前を表示」にしているときに
表示する名前を指定します
OBSソース*支援者向け機能
OBS Studioのテキストソースに
流し込むとき、どこに流し込むのかを
設定するための画面。

話者が複数いるときに使いましょう。
YNCメッセージVR連携するとき、メッセージ機能で
特定のメッセージを送れます。
・送信メッセージは、/YNC/Setting
表示時間制御をきる表示タイミングの制御を切ります。
文字がきたら、すぐ表示します。
確定前の音声文も表示未確定文章も出します。
読みに文字を提示する時間が長くでき、
確定後のキープ時間短縮に寄与できます
翻訳文が
すぐ消えるのを抑制
翻訳に時間がかかるケースに有効。
ON:
母国語を消した後、時間差で翻訳文を
消します。
OFF:
母国語と同時に翻訳文も消します。
一定時間経過したら
字幕を消す
字幕確定後、表示キープ時間が
確定したら消すかを設定します
ON:
次の文がなければ、消します。
OFF:
次の文がなければキープします。
ルビやピンインを表示ON:
ルビ、ピンインを表示します
OFF:
ルビ、ピンインを表示しません
テロップ文字位置は
左下を基準
テロップ座標の計算位置を
左下にします。
(行数が増えた時、上方向に
 伸びていきたい場合に使います)
スクリーンロックで
字幕ミュート
スクリーンロックをONにしたとき
字幕を出さないようにします
字幕キープ時間字幕を表示している時間を指定します。

文章確定後、この時間を経過したら、
文章を消すか、次の文に移ります。
文字数に応じて
キープ時間を増やす
文字数に応じて切り替えるタイミングを
調整するための機能です。
クロップの処理単位OFF:
クロップは1文字単位で行います
ON:
クロップは指定文字数単位で行います

OFFだと文字が流れるように
常に動く形になります。

読みづらければ、ここをONにします