個人契約APIキーの設定

個人で契約したAPIキーを使って動かすことができます。

【注意】
・キーの取り扱いに注意してください。
 キーが悪用されると、意図しない課金請求が
 行われる可能性があります。
・契約していないAPIキーや、適切ではない
 APIキーを指定しないでください。
 不正アクセス関連で警告・告発を受ける
 可能性があります。

APIキーを使って動作チェックを打つと、指定したAPIキーで
動作するようになります。
チェックを外すと、支援者向けの
APIキーで動作するようになります。
キー契約して取得したAPIキーを
入力します。

Microsoft Azureの場合

  • シークレット―キーは2つありますが、どちらか1つで問題ありません。
  • 契約地域が global以外でしたら、その地域名を入れる必要があります。(asiaeastとか)

DeepLの場合

  • APIキーはDeepL API契約で得られます。

DeepL社によると、APIプラン以外で得られるAPIキーは(仮に表示されても)ツールでは使用することができない旨の連絡をうけました。

海外ユーザからは「サポートに連絡して対応してもらった」というレポートもありましたが、全員がその対応をしてもらえるようではなさそうです。契約時ご注意ください。

IBM Watsonの場合

  • 契約リージョンはJapan(tokyo)のみ対応です。
  • APIキーではなく、インスタンスIDを入力してください。