コメジェネの表示内容をVRへもっていく

VirtualCastなど、「Webカメラの映像を取り込める」システムへ、コメントをもっていくことができます。

また、v1.8aからはオーバーレイで持っていくこともできます

■事前準備

■オーバーレイとして取り込む場合ーーー

1.設定をする

表示する位置をきめます。

  • HMDに連携する場合はTrackerIDは0に。
    左手と連動する場合は1、右手と連動する場合は2を設定します。
  • 位置関係はXYZの座標(単位:m)を設定します。
  • URLで表示するアドレスを設定します。
    (通常変更の必要はありませんがポートを変えた時など設定します)

2.オーバーレイアプリを起動する

  • コメジェネを読み込んで投影準備がはじまります。指定した場所に字幕が出るようになります。
  • オーバーレイなので、自分にしか見えません。

■Webカメラとして取りこむ場合ーーーー

1.仮想WebCamドライバーを導入する

この機能は、Webカメラとして映像を取り込めるようにするものです。そのため、専用のドライバーを導入してください。

インストールから導入をすると、3つのWebCamが増えます。そのうち、No2がこの画面用のドライバーになります。

2.転送画面を表示する

投影アプリを起動します。これで転送準備は終わりました。起動しっぱなしにしておいてください。

キー役割
Webカメラ1に転送
Webカメラ2に転送(起動時デフォルト)
Webカメラ3に転送
R再読み込み

3.取り込む

VirtualCastなどで取り込んでください。

※VirtualCastにおけるグリーンバックの色抜き

ドキュメント\My Games\VirtualCastにconfig.jsonにおいてください。
(すでにファイルがある場合は、中身を書き足してください)

{
   "item": {
     "enable_videoboard_chromakey": true
   }
 }

これによって、グリーンの所が透明になります。