ライセンス

ライセンスの取り扱い

本システムの開発では、大学の経費を開発財源としており
教員個人の研究時間(給料発生外)を製作工数として
開発継続し、研究成果物として公開しております。

次の研究へつなげるため、下記のライセンスとします。

[1]個人(非商用)の場合

・フリーソフトウェアとしてお使いいただけます。
・利用料はかかりません。
・利用方法講習は基本的に実施しません。
(FBコミュニティページ等によるサポートのみ)
・使用にあたっての契約は不要です。
・まあちゃん起動時のユーザー登録は任意です。
・公開された「あるがまま」の状態でご提供します。
・情報公開時には引用/参考等の記述が必要です。
・利益が発生する場合は商用扱いになります。

[2]非営利団体、支援団体、教育機関(支援)の場合

・非営利の場合にはフリーソフトウェアとしてお使いいただけます。
・利益が発生する場合には、[4]企業扱いとなります。
・利用料はかかりません。
・使用方法の講習は必要経費の提示がある場合は承ります。
・使用にあたっての契約は不要ですが、利用申告が必要です。
・まあちゃん起動時のユーザー登録が必要です。
・公開された「あるがまま」の状態でご提供します。
・情報公開時には引用/参考等の記述が必要です。

[3]研究者の場合

・フリーソフトウェアとしてお使いいただけます。
・利用料はかかりません。
・使用にあたっての契約は不要ですが、
論文掲載時には引用/参考等の記述が必要です。
・まあちゃん起動時のユーザー登録が必要です。
・公開された「あるがまま」の状態でご提供します。

[4]企業、および利益が上がる場合

下記のライセンス体系になります。

ライセンス種類金額補足
個別ライセンス\5,000/台・導入台数管理が必要
・台数指定で買い切り
包括ライセンス\20,000/年・台数制限なし
・1年単位での契約

契約されますと、専用チャットルームでの問い合わせが可能になります。
なお、ソフトウェアはあるがままの状態で提供されますので、
システム修正や専用のカスタマイズなどはサポートに含まれません。

現地講習などについては、ご相談に応じますが
必要経費(交通費など)は別途必要となります。

契約をご希望の方は、静岡福祉大学にお問い合わせください。
太田研究室にて対応いたします。

★ライセンス費用の使い道について★
主にシステム開発環境の維持向上のために使います。
開発環境も年間12万程度、開発機器も数万円、
電子証明書作成に年間6万円など、維持にかかります。
通常であれば、サーバや開発工数に対するコストもさらにかかります。
ですので、収入が発生する事業に使っていただく際には、
これらの開発経費を支えていただくことによって、
開発維持向上をしていきます。

★ライセンス上の注意★
どのケースにおいても
UDトーク🄬を含め他社のソフトを使う場合は
別途それぞれの契約が必要となります。
(まあちゃんにUDトーク®のライセンスは入っていません)